<< ありそうでなかった組み合わせ | main |
2018.11.09 Friday

軽減税率事例集

0

    国税庁は8日、来年10月の消費税増税時に導入する軽減税率の疑問に答えるQ&A形式の事例集を改訂した。顧客が喫茶店で提供されたコーヒーを持ち帰る場合と店内で飲む場合では消費税率が異なる。コーヒーチケット(回数券)については、販売時に顧客がどこで飲むか分からないため、持ち帰り用、店内用と「チケットを区分して発行する対応も考えられる」として、2種類用意することを提案した。<下へ続く>事例集は「(店側が)コーヒーチケットと引き換えにコーヒーを提供した時に消費税の課税対象となる」と説明。持ち帰りには軽減税率が適用され、消費税率は現行の8%で据え置かれる。一方、店内で飲む場合は適用されず、10%になる。顧客が所有しているチケットに合った行動を取れば問題はないが、持ち帰り用(消費税率8%)を使って店内で飲む場合、店側は2%分を請求する必要が生じる。逆に店内用(10%)で持ち帰るケースは2%分を返金する手間がかかる。


    コーヒー券、2種類用意を=持ち帰り・店内用で−軽減税率事例集


    ややこしいというより嫌がらせとしか思えいない。(苦笑
    はっきり言って無駄な経費と労力を生むだけで大半の人は幸せにならない。
    コストを掛けないで上手くやる方法は無いのかな?
    いろんな立場の人の意見を集約したら訳の分からないものになったというのが事の顛末なんだろうけど。
    それにしても世間的に偉いといわれる人たちが集まってこのような低い議論しかできないとか。
    こっちのほうが色々な意味で問題のような気がする。
    規制に利権ありとは上手く言ったものだけど軽減税率の問題は財務省的にはどちらに転んでもいいのかもね。
    個人的にはシンプルに増税をやめるか
    もしくは軽減税率をやめて一律課税のうえに役人と政治家をリストラの2択かな。
    将来のさらなる消費増税を抑制する意味で行政コストの削減は必要だと思う。
    本当は資産課税を検討するべき段階だと思うけどパナマを見てると難しそう。
    まあ揉める状況を作り出して意図的に一律課税に誘導しようとしてるのは穿った見方かな。
    公文書の偽造廃棄問題で自分の中の行政への信用はガタ落ちなんだよね。

    Sponsored Links

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Advertisements
    Selected Entries
    Search this site.
    Categories
    Archives
    Recommend
    Others
    Mobile
    qrcode