<< 2026年W杯は3カ国共同開催! | main | W杯コロンビア撃破 >>
2018.06.19 Tuesday

ネット通販が物価上昇抑制!?

0

    日銀は18日、インターネット通販の普及拡大が国内の物価上昇を抑制しているとの報告をまとめた。平成29年の家計消費に占めるネット購買比率をもとにした試算では、生鮮食品とエネルギーを除く物価上昇率で0.1〜0.2%分の押し下げ効果があるという。日銀がネット通販の影響を詳しく分析したのは初めて。報告書によると、オンライン価格は多くの国で実店舗より割安だが、中でも日本は際だって安いとの調査研究がある。国内で配送センターの整備と輸送距離の短縮が進み配送コストが削減されたことで、販売価格も低下したと分析する。総務省の全国消費者物価指数では、ネット通販は一部しか調査対象に含まれない。ただ、ネット通販の影響で安値競争を迫られた小売り事業者のデータが指数に影響しているという。


    「ネット通販が物価上昇抑制」日銀が報告


    デフレの主な原因は実質賃金の減少に伴う需要不足。
    天候やら他人のせいにするのは間違ってると思うけどね。
    そもそも日本よりネット通販が盛んなアメリカや中国は賃金も物価も上昇している。
    全ての消費がネットで行われているわけでもないのにこの言い草はないよ。
    まあ本当に景気が良くなったら金利に上昇圧力が加わるから意図的に景気を冷やしてるでしょ。
    政府といい日銀といい確信犯のくせに仕事してますアピールにはイラッとくる。
    生産性の向上と省力化で価格が下がることは一般の人には良いことだよ。
    良くないのは莫大な債務を抱えている政府。いい加減公的機関のリストラをするべき。

    Sponsored Links

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Advertisements
    Selected Entries
    Search this site.
    Categories
    Archives
    Recommend
    Others
    Mobile
    qrcode