<< 鬼教官はもういない? | main | 2018GWの営業日につきまして >>
2018.04.12 Thursday

漫画海賊版サイト遮断 政府検討 「憲法違反」法学者ら声明

0

    政府が、漫画などの海賊版サイトへの接続を遮断するようインターネット接続事業者(プロバイダー)に要請する方向で検討に入ったことを受け、法学者の団体などは十一日、「検閲の禁止」や「通信の秘密」を定めた憲法に反するとして、一斉に反対の声明を発表した。「サイトブロッキング」と呼ばれる接続遮断は二〇一一年から、児童ポルノのサイトに限って政府の要請で実施されている。プロバイダーらによる団体が政府情報を基に対象サイトを決め、「自主規制」の形で利用者のアクセスを遮断している。この遮断対象について、菅義偉(すがよしひで)官房長官は三月、著作権侵害による被害を防ぐため海賊版サイトにも拡大する考えを表明。内閣府の知的財産戦略本部が、有識者会合で検討している。これに対し、法学者らでつくる情報法制研究所は十一日、立法措置や国会での審議もなく政府の裁量で遮断対象を広げることに、「通信の秘密、検閲からの自由、法治国家の原理が危機にさらされる」と反対声明を発表。ブロバイダーらでつくるインターネットコンテンツセーフティ協会や、主婦連合会など四つの団体も同日、同様の声明を発表。「海賊版サイトへの責任追及などに力を入れるべきだ」などと指摘した。(吉田通夫)


    漫画海賊版サイト遮断 政府検討 「憲法違反」法学者ら声明


    著作権法の問題があるにしてもこれは普通に通信の侵害で憲法違反でしょ。
    それに対策するとしても審議した上で法整備すべき案件だよね。
    それを隠蔽改竄しまくって何の責任も取らない政府の気持ち一つで決まる規制とかありえない。
    何の冗談だよ。
    政府が恣意的に決めることに反対、やるなら法整備して対処するべき。

    Sponsored Links

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Advertisements
    Selected Entries
    Search this site.
    Categories
    Archives
    Recommend
    Others
    Mobile
    qrcode